近年、複数の消費者金融&クレジットカードから多額の借入をしてしまい、多重債務で困っているという方も結構いるのではないでしょうか?

 

そんな方は現状を打破するために上手に借金を返済する方法を探してるはずですが、なかなか上手い話は無いはずです。

 

でも実は任意整理、過払い金請求、民事再生、自己破産等の債務整理という借金問題を解決に導く手続きがあります。債務整理の存在を知っているのとそうではないのでは非常に大きいです。

 

まずは債務整理って何?ということから簡単に説明して行きたいと思います。

 

簡単に言えば債務整理とは借金を上手に整理する手続きのことです。その借金整理方法は現在の債務状況や条件を満たしているかどうかで変わってきます。

 

それの種類が上記で掲載していると任意整理、民事再生、自己破産等ということになります。これの手続きの全てはメリットだけではなく、当然借金の負担が減ったり、返済義務が無くなったしますので、リスクやデメリットといったものが存在しますが、正直言って多重債務で苦しむことに比べるとそれほど大きなデメリットとは感じないという方が多いのが印象的です。人によって見解は異なりますが、新しい第一歩を踏み出すために債務整理を検討するのは非常に重要なことで、おすすめすることができることです。それでは本題の債務整理を相談・依頼する弁護士や司法書士を選ぶ方法について簡単に紹介しますので、ご覧ください。

 

相談や依頼する方の多くはすでにお金に困ってる方ですので、正直な話を言えば兎に角安い・格安の費用で手続きしてくれる弁護士や司法書士を探したい!というのが本音の人も多いでしょう。

 

確かに費用や料金が安い法律家は一見魅力的に写るかもしれません。しかし、そこに大きな落とし穴が・・・実は債務整理に対応していても、専門分野ではなかったり、新規ジャンルを開拓したばかりなど実績がほとんどない会社も結構あります。

 

「どこに頼んでも一緒でしょ?」と思っている方もいると思いますが、実は依頼先よって結果が変わってくるのが過払い金請求や任意整理の特徴です。

 

安い・格安など費用・料金だけを重要視するのではなく、その弁護士や司法書士は過去に実績がどのくらいあるのか?など専門性に優れているという点についても考慮しておきたいところです。

 

さらに、債務整理相談の時の対応や今後のサポート体制など依頼する専門家と自分の相性はあっているか?この人は信頼することができるか?など実際に会ってみなきゃ分からない点についても選ぶポイントにしておくことをおすすめします。依頼するとなると何度か会って話す機会が多くなりますので、気に入らない人に頼むと後々大変です。