テレビCMで話題の過払い金って何?トレンドキワードをチェック!

 

ここ数年、法律業界で注目されている分野がある。それが「過払い金返還請求」です。

 

業界人の中には「数千万円・・・さらには億単位で稼ぎ出すなど、この業界では過払いブームが巻き起こっている。」とウハウハ気分を隠し切れない専門家もいるくらいです。

 

最近だと弁護士&司法書士事務所がこぞってTVCMやリスティング・アフィリエイト広告など宣伝に力を入れています。おそらく、今のこのページを見ている方の中にも過払い金のCMを見たり、ラジオで聞いたりした経験を持っている方は多いのではないでしょうか?実際にTVCMだけではなく、大手ニュースサイトや2chまとめサイト・借金関連サイトなどでテキスト・バナー広告を貼っているのを見たという方もいるのではないでしょうか?

 

それだけ注目されている過払い金って何?という方も多いと思いますので、メリット・デメリットなどと合わせてちょっと紹介していきたいと思います。

 

話題のトレンドキワードである過払い金返還請求とは簡単に言えば・・・

 

本来払う必要の無い利息を取り戻す手続きのことです

 

もっと詳しく説明すると”本来払う必要の無い利息”のカラクリは利息制限法の上限と出資法の上限の違いから発生します。

 

利息制限法(借入金額によって金利は異なる)だと年15%~20%金利上限で出資法が29.2%金利上限になっています。

 

多くの消費者金融・クレジットカード会社は出資法を基準に賃金業を営んでいたので、その差額であるグレーゾーン金利によって過払い金が発生している方は非常に多いのです。

 

ちなみに現在借金している人でも全て完済済みの方でも過払い金が発生していれば計算して取り戻すことが可能です。

 

過払い金請求の時期はいつでもOK?時効はあるの?

 

過払い金返還請求には10年以内という時効が存在するので、できるだけ早く行動に移すことをおすすめします。詳しい時効の時期について調べたい方は弁護士や司法書士に無料過払い相談することをおすすめします。

 

せかっく、「過払い金」という仕組みを知って過去に発生している超過分利息を取り戻そうと張り切ってもすでに時効済みだとショックですからね。

 

でも、過払い金請求しても対してお金は戻ってこないのでは?とあんまり意味がないと思って、軽視している方もいると思います。確かに借入金額や期間が短いと大した金額になりません。

 

しかし、複数の賃金業者からお金を借りていたり、長期間にわたって返済している方だと結構まとまったお金が返ってくるケースが多いのです。

 

ちなみに弁護士や司法書士によっては無料相談を実施していたり、成功報酬型を採用しているケースもありますので、初期費用はそれほど心配する必要はないのが過払い金の特徴でメリットでもあります。